弦書房は九州・福岡を拠点に2002年12月に誕生した出版社です。
著者と読者をつなぐ小さなメディアですが、この絆を大切にした本作りを心がけて参ります。

第336回 ジャッジャッ・ヒッケン・タカタン

Published 10月 5, 2018 at 4:11 PM - No Comments

前山 光則  熊本県八代市。この町に住み始めたのが昭和54年(1979)春だった。転勤で移って来たのだから、4、5年ほどで他所へ行くつもりだったのに、身の回りに種々の事情が重なったため住み続け、とうとう39年経ってしまった。わが子にしてみれば、完全に八代が「故郷」である。こうなれば、ここに住み続けるしかないのであろう。ただ、そんなに...
続きを読む..

踏み絵とガリバー

Published 9月 27, 2018 at 11:02 AM - No Comments

イギリス人作家のスウィフトはなぜ、『ガリバー旅行記』(1726刊)に、日本の踏み絵とオランダ人の話を登場させたのか。 あの夏目漱石も愛読し、誰もが知っている『ガリバー旅行記』に、踏み絵とオランダ...
続きを読む..

弦書房週報 第62号

Published 10月 27, 2017 at 2:19 PM - No Comments

渡辺京二さんが初めてまとめた自らの水俣病闘争論集『死民と日常《私の水俣病闘争》』の発売と、石牟礼道子生誕90年を記念して、福元満治(石風社代表、元・水俣病を告発する会会員)さんと米本浩二さん(『評伝 石牟礼道子』著者)の対談を開催します。   水俣病闘争とは何だったのか、 他の市民運動とは何が違うのか、 石牟礼道子は何を著し、渡辺...
続きを読む..

Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.