弦書房は九州・福岡を拠点に2002年12月に誕生した出版社です。
著者と読者をつなぐ小さなメディアですが、この絆を大切にした本作りを心がけて参ります。

第296回 小鹿田の里にて

Published 5月 19, 2017 at 8:41 PM - No Comments

前山 光則  4月22日は、朝の8時前には杖立温泉を発って大分県日田市へ出た。そして日田で、友人のI氏と共に作家・河津武俊氏と会った。河津氏の『肥後細川藩幕末秘聞』(弦書房)の文庫版が出来上がったばかりとのことで、若葉繁る石井里山公園のカフェでコーヒーを飲みながら本を見せてもらったのである。幕末の小国地方に起きた集団惨殺事件の謎を解...
続きを読む..

玄洋社とは何者か

Published 5月 12, 2017 at 7:21 PM - No Comments

近代史の穴・玄洋社の素顔に迫る。 近代史の重要な局面には、必ず玄洋社の活動がある。玄洋社を正確に評価できなければ、近代史の流れを正確につかむことはできない。自由民権運動、日清・日露戦争、孫文の辛亥革...
続きを読む..

弦書房週報 第60号

Published 12月 21, 2015 at 4:21 PM - No Comments

2012年に、社会学者・見田宗介氏による『現代社会はどこに向かうか』を第1巻めとして刊行をはじめて以来、好評を得ている「FUKUOKA U ブックレット」。今月上旬の『林権澤は語る』の刊行で第10巻めとなります。 そこで、ジュンク堂書店福岡店にて「FUKUOKA U ブックレット 第10巻刊行記念フェア」を開催しています。1〜10巻まで...
続きを読む..

Copyright © 2010 GenShobo. All Rights Reserved.